健康被害に悩まされない炭の家で家を建てよう

一軒家

室内の空気にこだわった家

炭の家は、換気のシステムと炭を用いて空気を浄化するのが特徴です。健康を重視する家庭では、このような炭の家に注目をしています。空気の汚れなどが除去され、湿度の調整も自然に行われるのが、炭の家の魅力です。

積み木

調湿効果と断熱効果

炭の家では、各階の床下に1坪あたり7〜8袋の炭が敷かれます。炭には吸湿性と断熱性とがあるので、炭の家では湿気によるトラブルを回避しながら、暖かく過ごすことができます。それでいて費用負担は、40坪の家の場合で約30万円なのです。ただし炭の家を建てる場合、まずは施工できる業者を探す必要があります。

お家

屋内に熱をゆっくりと

炭の家では、基礎と床板との間に炭が敷かれています。そのため炭の家では、冬でも床が冷たくなりにくく、夏でも室温が急激には上昇しにくいと言えます。また、燃えにくい性質をしているので、火災時には炎症を防ぎやすくなります。さらには、体に害を与える可能性があるホルムアルデヒドも吸収されるのです。

自動で空気を浄化

レディ

炭の袋と換気口

人間は、毎日1万リットルもの空気を、口や鼻から吸い込んでいます。当然、空気に含まれている有害物質やウイルスなども一緒に吸い込むことになるので、健康維持には自身の周辺における空気の浄化が欠かせません。そのため住宅内で空気清浄機を使う人が増えていますが、全ての部屋や廊下に1台ずつ設置すると、購入費や電気代といったコストが多くかかります。もちろん場所も圧迫することになる上、インテリアの妨げにもなることがあります。そのため昨今では、汚れた空気を自動できれいな状態にするという、炭の家を購入する人が増えています。炭の家では、炭が詰まった袋が床下や天井裏に敷き詰めてあります。炭の表面には多数の穴があるのですが、炭はこれを使って、人間と同じように常に呼吸をしますし、その過程で有害物質やウイルスを吸収します。この炭の袋が合計で1トンほど敷かれているので、そのためきれいな空気の中での健康的な暮らしを希望する人々から、炭の家は選ばれているのです。中には、床下や天井裏に換気口が設置されている炭の家もあり、これを選んだ場合は、さらに高い空気清浄効果が期待できるようになります。というのも炭は、吸い込んだ有害物質やウイルスを分解するのですが、量が多い場合には、分解にある程度時間がかかるからです。しかし換気口があれば、すぐには分解できなかった分が、陰圧によって炭から屋外へと排出されていきます。これにより、屋内の空気はもちろん炭自体も、良い状態で保たれやすくなるのです。